退職後、扶養に入るなら退職日は月末1日前がいい?

働き方
スポンサーリンク

 

「退職日が1日違うだけで、社会保険料が違うって聞いたことある気がする」

「今度退職して扶養に入るんだけど、扶養に入る時の退職日はどうやって決めたらいいのかな?」

今回は、こういった読者の声にお答えします。^^



実はわたしも最近、退職日を月末にしてしまって後悔しました。

何度も調べたつもりだったんですが甘かったです・・!



みなさんは慎重に退職日を検討してくださいね!

スポンサーリンク

なぜ1日違うだけで社会保険料が変わるのか?

社会保険の場合、退職日の翌日が社会保険の資格喪失日になります。

資格喪失日を含む月の社会保険料は徴収しないという決まりになっています。


全然知らなかった。笑

みなさん、お給料から社会保険料は引かれていますよね?

通常、みなさんの毎月の給与から引かれる社会保険料は前月分になります。

ということは、退職日が月末になるとどうなるかというと・・・

例えば、7月31日退職の場合、社会保険の資格喪失日は8月1日になります。

この場合、7月分の社会保険料までは支払わなくてはなりません。

重要なのは、通常は7月の給与から6月の社会保険料が引かれるのですが、8月は給与がありませんので、7月の給与から6月・7月分の保険料がまとめて引かれるということです!!


これは痛い出費だ><

一方で、7月30日退職の場合、社会保険の資格喪失日は7月31日になります。

この場合は、7月の給与から6月分の社会保険料が引かれるだけです。

なんと退職日が1日違うだけで、1ヶ月分の社会保険料を損することになります。


ただし、デメリットばかりではないので、それは後で説明します。

スポンサーリンク

扶養に入る場合は、月末1日前までに退職したほうがいい?

この記事では、扶養とは社会保険(健康保険と厚生年金)の扶養のことをさします。

社会保険(健康保険・厚生年金)の扶養は、妻(夫)の見込み年収が130万未満であれば扶養に入ることができます。

え、今年退職してもう年収130万超えちゃったんですけど・・・!?

って場合も大丈夫。

社会保険の扶養は退職後の見込みの年収で判断されます。

退職後に仕事をする予定がないのであれば見込み年収0と判断されます。

【 扶養に入るメリット 】

健康保険の扶養に入っている人は、保険料が免除される
厚生年金の扶養に入っている人は、国民年金の第3号被保険者として保険料が免除される

 

なんと、扶養に入ると保険料が免除されるんですね!

会社員の時は、保険料や税金のことは無知だったのでお恥ずかしいです。笑


さてさて、先ほどの章で確認しましたが、社会保険料は資格喪失日を含む月の分は徴収されませんでしたよね。

ということは、扶養に入る人は月末1日前に退職したほうが、1ヵ月分の社会保険料が安くなるんです!!


わたしは退職日を決めた後にこの事実を知ったので後悔しましたよー!残念・・・




【 退職後に扶養に入る人の退職日が、月末か月末1日前であったときの違い 】

7月31日退職の場合、社会保険料の資格喪失日は8月1日

・・・7月分の保険料まで支払う 8月分からは扶養に入るので免除される


一方で・・・

7月30日退職の場合、社会保険料の資格喪失日は7月31日

・・・6月分の保険料まで支払う 7月分からは扶養に入るので免除される

 

月末を退職日にすることで、1ヶ月分の社会保険料を払うことになるんです。


たった1日でこんなことになるとは・・・って思いますよね!


【 扶養に入らない人も同じなのか? 】



ここで、注意です。


退職後、転職する人と国保に加入する人はこれに当てはまらない可能性があるので注意です!

例えば、国保に加入する人が7月30日に退職する場合、7月分の社会保険料は給与天引きされません

しかし、7月31日から国民健康保険に加入することになるので、7月分から国民健康保険料を払わなくてはなりません。任意継続保険料も同じです。

年金も同じです。

7月30日退職の場合、7月31日から国民年金へ加入となり、6月分までは厚生年金保険料、7月分から国民年金保険料を払うことになります。


しかし、会社員は、社会保険料は会社と本人で半分ずつ負担することになっていますが、退職後の保険料は全額自己負担になります!

なので退職後のほうがこれまでよりも高い金額になることが多いので、退職日は月末にしたほうがいいと言えます。

また、どちらが安いか確認してから退職日を決めるといいと思います。



また、転職する場合も注意です。

例えば、7月30日に退職して8月1日から転職する場合、7月31日の1日のためだけに国民健康保険と国民年金に加入し、国民健康保険料と国民年金保険料を払わなくてはなりません


たった1日退職日が違うだけで保険料を損することになるって怖いですね・・・><



扶養に入らない人も退職日は慎重に決めましょう!

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか?


社会保険料の仕組みって難しいですね!

たった1日の差で保険料が違うことも驚きでしたね!


これから退職して扶養に入る予定の人も、転職を検討されている人も、退職日の決定は慎重に行いましょう!



それでは、またみなさんの役に立てる情報があればお届けしていきたいと思います!

 

 

 

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
mizutanuをフォローする
スポンサーリンク
mizutanublog
タイトルとURLをコピーしました