1時間の車通勤がつらい…消耗するだけなのでやめたほうがいい。

働き方
スポンサーリンク

どうも、みずたぬです。

わたしは以前車で通勤していましたが、想像以上につらかったですよー!

はっきり言って1時間もの車通勤は消耗するだけなのでやめた方がいいです。

精神的にもしんどいです。車好きの人じゃないときついと思います。

・これから車通勤しようと思っているけど耐えられるのか不安
・実際に通勤しているが、通勤時間が長くてつらい

そんなあなたに車通勤をおすすめできない理由と対策を記事にしました。

スポンサーリンク

わたしの体験談

わたしは6年間、車で通勤経験があります。

就職した当初は実家から高速1時間かけて通っていました。

残業が増えるにつれ、さすがにつらくなって一人暮らしを始めました。

家賃約4万2千円、職場まで車で20分のところです。

このときまでは特に運転の心配はありませんでした。


ところがまた引っ越しすることになり、今度は職場まで下道で30分〜40分かかる場所に引っ越しました。

このときからだんだんと車通勤がつらくなりましたね。

職場までの道は通学路が多く、雨の日は特に渋滞します。

朝はこれまでより早く出勤することになりましたが、渋滞が多いので始業15分前にしか着きません。

到着しても職場の駐車場が混んでいるので、車を停めるのも一苦労。

残業がある日は疲れて運転することになります。

就職した時に比べてそりゃ年も取っていますので(笑)、年々運転がしんどくなりましたね。

結局退職したのですが、運転も退職の一つの理由です。

スポンサーリンク

車通勤のメリット・デメリット

車通勤の経験から思ったメリットとデメリットを書いていきます!

車通勤のメリット

プライベート空間がある。

・好きな時に走行でき、疲れたら休める。

・荷物をたくさん運べる。

・音楽やテレビを爆音で聴ける。

車通勤のデメリット

・運転中は集中して気を張っているので朝から疲れる。

・渋滞に巻き込まれたらしんどい。

・高速は高速料金がかかったり、タイヤの消耗も早くなる。また、ガソリン代、ドライブレコーダー・ETC車載器などの費用、車の定期点検などの維持費がかかる。

・事故に遭いやすい。

・残業後の運転がしんどい。

・電車やバス、自転車通勤の人に比べて運動不足になりやすい。

・職場からそのまま飲み会に行くことができない。

と、こんな感じでしょうか。

メリットとしてはプライベート空間があるので他人を気にしなくて良いこと、荷物をたくさん運べることが大きかったなと思います!

デメリットは、やはり精神的にしんどいことが大きかったです。

頭も痛いし、目も疲れるしとにかく運転が嫌でした。

スポンサーリンク

1時間の車通勤がおすすめできない理由

やはり1時間近い車通勤がおすすめできない大きな理由として、

「体力や気力を消耗する」

という点が挙げられます。

車通勤時間が15分くらいであれば問題ないと思います。

しかし、運転時間が長いほどしんどいです。


わたしは通勤時間は片道40分くらいでしたが、それでもつらいです。

このことから車通勤は1時間が限界だと感じました。

運転が大好きな人や、自宅と職場に一定の距離がほしい人じゃなければつらいと思います。

さらに、長時間の通勤時間は無駄だと思います。

これに反論する意見として、英語のリスニングをするなど時間を有効活用するという意見もあります。

ですが、はっきり言って運転中はそこまで集中できないですよ。

というか、長時間運転と渋滞に対するイライラや焦り、疲れの方が勝っていました。

一応、わたしは運転中にテレビかユーチューブの自己啓発を聴いていました。

あくまで聴き流す程度ですが。

常に安全運転を心がけないといけないので、そんなに器用に時間を有効活用できませんでした。

器用にやってる人はすごいですね。

スポンサーリンク

長時間の運転がつらいときの対策

早い時間に出勤する

朝早めに出発すれば道が空いているので通勤時間を減らすことができます。

早めに業務に取りかかり、残業を減らして体調が良いうちに帰宅しましょう。

渋滞していない穴場道を探す

わたしは知り合いに聞き込みして教えてもらいました。

通勤時間は少し長めになったのですが、渋滞がないのでストレスなく通勤できます。

1時間かかるけど渋滞がない道を通るか、1時間もかからないけど渋滞する道を通るか。

人によってどっちがいいか感じ方は違うと思います。

自分にあった道を発見できるといいですね。

家が近い職員に送ってもらう

これはわたしもお願いしたことがあります。

体調のことを正直に伝えて、理解してくれている同期や先輩に送ってもらいました。

ただ、これは現実的な方法ではないし、他人に迷惑がかかるので一時しのぎですね。

どうにも運転がきつい場合は、別の対策を早めに考えましょう。

公共交通機関を利用する

車通勤している人が住む地域は、交通機関が不便なところも多いと思います。

しかし、一度バスや電車など利用できそうか調べてみる価値はあります。

週に3回だけバスを利用してみる、疲れているときだけ利用するなど、全然ありだと思います。

少しでも車通勤ストレス減らすことができると思います。

運賃がかかるなどの問題もありますが、すぐに転職や引っ越しなどができない場合は検討してみては?

職場の近くに引っ越す

交通費より家賃が高くつくと思いますが、精神的にはになります。

運転時間が30分以内に短縮されると考えたら、心も時間も余裕が生まれます。

わたしも思い切って引っ越したときはとても楽になりました。

一人暮らしはその分家事とかやることもたくさん増えますが、通勤時間を我慢するよりはマシでした。

転職する


思い切って、転職をするのもありです。

今の職場にこだわっていなければ、転職も視野に入れてみてください。

わたしは前職を辞めたい気持ちもあったので思い切って退職しました。

いまは運転しなくていいので精神的にとても楽です。

嫌な仕事も通勤時間も我慢するなんて消耗するだけですからね。

 

スポンサーリンク

おわりに

というわけで、車通勤の限界は1時間だと思います。

毎日続けば気力と体力時間さえも消耗します。

あなたは耐えられますか?

これから長時間の車通勤を考えている人にはよく検討することをおすすめします。

それでは記事を読んでいただいてありがとうございました^^

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました